医師のサポート

不景気のこの世の中、医師や看護師募集の文字が多くの求人情報誌で目にします。

そもそも「看護師」とは問診・診察補助(時には看護師さんが処置を行います)など医師のサポートをしながら、

患者が安心して入院生活ができるように看護や日常生活援助を行なう医療機関にはなくてはならない大切な職種です。

だから、医療関係職種の中で患者や家族に最も近くで長く関わりを持つので、

患者も家族も看護師を頼りにしているため、看護師は治療など人の身体をケアする知識と技術とともに

患者や家族に関する心のケアもとても大切な仕事のひとつです。

こんな命に関わる資格の看護師のなるには、看護学校などで専門的知識を学び国家試験に合格して、

免許取得しないと、看護師になれません。また看護師の中には「正看護師」「准看護師」「認定看護師」「専門看護師」があります。

「正看護師」は高校卒業後、看護学校(3年)・看護系短期大学(3年)・看護系大学(3年)での看護課程を勉強をして

看護師国家試験に合格して厚生労働大臣が交付した免許を取得した人。

主なお仕事は医療機関・保健機関・福祉機関などで医師の診療補助・病気の人や障害を持つ人達に対する日常生活の援助・病気の

予防や健康づくりのための教育をする事ができます。「准看護師」は中学校卒業後、試験を受け、都道府県知事交付の免許を取得します。

「認定看護師」は必要な教育課程を学んで特定の看護分野にて、熟練した看護知識・技術を駆使する日本看護協会認定の看護師のこと。

熟練した看護知識・技術を駆使して患者の身体的ケアはもちろんの事、患者や家族の心のケアもを行います。

だから、認定看護師は看護職員だけでなく他職種への指導など役割も大いに期待されている看護師です。

「専門看護師」は専門の試験に合格して認定証の交付を受け、特定の専門看護分野において看護実践能力を備えてるスペシャリストのこと。

この専門看護師は最近認定された看護師で全国でもまだ数少ない看護師です。

また専門看護師に交付されている認定証は、必ず「5年ごとに更新審査」を受けなければいけません。

業務内容は正看護師と准看護師と概ね同様です。正看護師は処置やお世話を自己判断で行えますが、

准看護師は医師や正看護師の指示がないと自己判断では世話や処置ができません。

ただ、将来的に上級の役職を目指すには正看護師の免許は必須です。

看護師募集求人はとても多いので一般病院や診療所、老人福祉施設など幅広い就業場所があるのも看護師募集求人の特徴です。

看護師の仕事は常に「患者さんの命を預かっている」という体力的・精神的にもとても大変な仕事ですが、ふつうの職場では決して味わえない喜びや感動も味わえる業務です。

 

 
離婚時の財産分与無料法律相談はhttp://www.離婚財産分与.jp/